Volumio2.5 & Cantata

書斎で音楽を聴くときは、Raspberry Pi(ARMプロセッサの小さなコンピュータ基板) にVolumio(音楽再生に特化したLinuxのディストリビューション)をインストールして、NASに格納されている音楽ファイルのMPDプレイヤー(音楽再生デーモン)として利用しています。Volumioは3年前導入当時のVer1.55という古いバージョンを使っていたのですが、かなり進化しているらしいので、最新のVer2.5にアップデートしてみました。

Volumioといえば、Webインターフェイスに定評があり、DHCPサーバ管理下のLANでセットアップするのであれば、Webブラウザからの操作だけでシステムの設定が完結できるようになっています。しかし、Ver1.55の場合、音楽プレーヤーの操作もWebインターフェースで可能ではあるものの、決して使いやすいわけではなく、別途MPDクライアント(MPDをリモートコントロールするソフトウェア)は必須と感じていました。Ver2.5になったらhtml5を駆使してリッチなインターフェースに進化したのではなかろうかと期待していたのですが...残念ながらいまいちでした。MPDクライアントは必須ですね。

Volumio2.5のインストールでハマった点のメモ
  • NASのマウントに成功しない→マウントのオプションに「Vers=1.0」を指定する。
  • I2S経由で音が出ない→リサンプリングで24bit、44.1kHzを指定する。
  • デフォルトではsshdが起動していない(びっくり)→http://volumio.local/DEV から制御可能。
  • rootでログインできない→ユーザ名が変わっていた。 volumio / volumio

作戦を変えて、Windowsで動作する使いやすいMPDクライアントはないかと調べてみたら...Cantataが良さそう。実際に使用してみたところ、意外に使い易くて好印象でした。
  • 小さくてシンプルな画面が選択可能
  • なぜかアルバムアートの取得率が高い
  • iTunesみたいにmp3タグの情報を元にDBを構築して、それ経由でアクセス可能。また、従来どおりディレクトリ経由でアクセスも可能。
  • アルバム1枚分の曲をキューイングする作業がワンクリックで完結(これが便利!)

アルバム単位に曲を聴く人にはお勧めです。これまでは、GMPCを使っていたのですが、Cantataに乗り換えます。
a0154448_21183973.jpg

[PR]
# by vortexes | 2018-12-15 21:20 | audio | Comments(0)

Etymotic Research ER-4 リケーブル(2回目)

Shanling M0を導入したことに伴い、胸ポケットにプレーヤーを入れて運用する前提で、ケーブルを55cmに短縮することにしました。これと同時に、ケーブルとドライバの固定方法を大きく変更。これまでは、ドライバの終端にケーブルが繋がるように配置していましたが、これではイヤホンを装着した姿が情けなく、耳から大きな物体が飛び出しているように見えるため、ドライバの途中からケーブルを分岐するように変更。タッチノイズ対策で、ケーブルを耳の裏に通す方式は従来から継続します。


まず、ドライバとケーブルを無理なく固定するために、ドライバの円筒部分に密着するためのパーツをカーボン複合素材で製作。カーボンクロスをエポキシ樹脂で固めたものです。この工程はグライダー製作で培ったノウハウが役に立ったりします。
a0154448_17204601.jpg

ユニバーサル基板で製作した突起物にケーブルと上記パーツから切り出した部品を接着します。そこから2本の銅線でドライバの終端の蓋に接続し、ピンコネクタ経由でドライバとと電気的に接続します。コネクタの接触が確実になるようにピンの形状を決めるところがポイント。純正ケーブルのピンコネクタの長さより短めにすると安定するみたい。ホールの奥には導体が配置されていないのかもしれません。
a0154448_17205238.jpg

ER-4はドライバのインピーダンスがとても小さいので、途中に直列抵抗(薄膜チップ抵抗)を挿入しています。また、ER-4は耳からドライバが飛び出す構造なので、蓋の部分を極力薄くして、それを強調しないように配慮します。イヤホンを耳に挿入すると、この蓋の部分が目立つため、見栄えを考慮してグロスブラックで塗装しておきます。カーボン複合素材に両面テープを張ってドライバに固定します。さらに、シュリンクチューブを被せると完成。
a0154448_17205498.jpg

短いケーブルと小さくて軽いプレーヤーの組み合わせは、Bluetoothイヤホンには及ばないものの、取り回しが楽になります。イヤホンを装着した姿も違和感がなくなりました。まあ手作り感は残りますが...
持ち運ぶ際は、イヤホンとプレーヤーと接合したままで、めがねケースに収納しています。これでケーブルの寿命が延びるはず。胸ポケットがない服装の場合は、ネックストラップで代用します。
a0154448_17205672.jpg

Shureから高品質Bluetoothレシーバーが発売されましたが、これと似た運用ができそう。求める音質と利便性とのバランス次第ですが、今回の方式は自分に取って合理的な着地点だと思っています。

[PR]
# by vortexes | 2018-12-08 17:27 | audio | Comments(0)

Shanling M0 (Bluetooth化計画の変更)

iPhoneから音声入出力ジャックが無くなって以来、周りでBluetoothのイヤホンを利用している人が増えました。自分もスマホで動画を見る際は、(音質をあきらめた上で)分離型のBluetoothのイヤホンを使用しています。一方、音楽を聴く際は、相変わらず専用のプレーヤー(xDuoo X10)とコード式イヤホン(Etymotic Research ER-4)を使用しており、利便性のギャップが激しく、これを改善したい欲求が高まります。

Bluetooth黎明期のころは、転送ビットレートが低く、一瞬聞いただけで音質低下が分かりました。最近はSBCコーデックでも328kbpsに対応しており、かなり改善されていることが期待できます。しかし、一度ER-4の魅力に取り付かれてしまうと、他の機種で代用できるとは思えないというのが正直なところです。そんな中...

Shanling M0
最近、こんなプレーヤーを見つけました。重量は38gでApple Watchぐらいのフットプリントです。DA変換チップはES9218Pで、Netの評判も良好。これを胸ポケットに入れて、イヤホンのケーブルを短くすれば、ワイヤードでもかなりコンパクトに運用できそう...という背景で購入しました。ちなみに、Shanlingは(日本では)聞きなれない中国のオーディオメーカーですが、同社の真空管ヘッドホンアンプを所有しており、個人的にはかなり良い印象を持っています。

a0154448_21582185.jpg

操作性:小さな画面でも操作性は良好。クリック可能なダイアルがあることが効いています。タップして押したままにするとトップ画面に遷移することと、左にスワイプすると上位の画面に遷移することの2点を憶えておく必要があります。

音質:これまで利用していたxDuoo X10と比較すると、若干メリハリが強いように感じますが、フラットで聞きやすいキャラクター。出力も80mWと大きいため、インピーダンスが100ΩのER-4でも余裕でドライブできます。低インピーダンスのShureSE530でも聴いてみましたが、ノイズレベルが低くて感動しました。


[PR]
# by vortexes | 2018-12-02 22:01 | audio | Comments(0)

今日は夕焼け

夕焼けを撮ったのは久しぶりかも。
a0154448_16561889.jpg

[PR]
# by vortexes | 2018-11-25 16:57 | 写真 | Comments(0)

Etymotic Research ER-4の遮音性改善

大地の芸術祭のテーマが続いた裏でポータブルオーディオ関連の改善ネタが溜ったので、いくつか紹介します。

Etymotic Research ER-4のイヤピースを改造して、遮音性が飛躍的に向上したレポートです。外耳道の形状に依存するので、効果を保証するものではないですが、自分の場合はびっくりするぐらいの効果でした。


もともとER-4は遮音性が高い上、耳栓改造型イヤピースを採用しているので、地下鉄通勤でもほとんど外の音が気になりません。しかし、私の場合、右側の遮音性が相対的に低いのが気になっていました。たぶん、外耳道の形が左右で違うためと思われます。

イヤホンを外した直後のイヤピースの形状を観察すると、左右のイヤピースがどちらも後方に曲がっていることに気が付きました。右の外耳道が大きく曲がっていると仮説を立てて、イヤホンのステムを延長して後方に曲げてみました。

設計図はこんな感じ。これは右耳用のイヤホンを上から見た断面。画像の上が顔面で下が後頭部。さすがにステムを曲げる勇気はないので、シュリンクチューブで延長して曲げる作戦です。

a0154448_22453328.png
材料は上からMoldex社の耳栓を切って穴をあけたイヤピース、シュリンクチューブ(成形済)、フィルタを張り付けたシリコンチューブ
a0154448_22453799.jpg

ER-4にシリコンチューブを刺して

a0154448_22454217.jpg

さらにシュリンクチューブを刺します。はんだごてでシュリンクさせた際に、暖かいうちに曲げるとその形状を維持します。
昨年リケーブルしたER-4は、コネクタの遊びをなくすため、自由樹脂で固定して布絶縁テープでカバーして運用中。

a0154448_22454562.jpg

結果は大成功。左右ともこの方式を採用したところ、遮音性が大きく向上しました。特に右耳は従来よりさらに奥までイヤホンを挿入できた感じで、これで左右同じ深さに装着しているような感覚。

上の断面図を見て、シュリンクチューブがなくてもイヤピースが自由に曲がって遮音性が高いのでは? と思われるかもしれませんが、これがないとイヤピースの穴が塞がれてしまって音が届かなくなります。


[PR]
# by vortexes | 2018-11-18 22:46 | audio | Comments(0)

大地の芸術祭(28) 古民家を利用した作品たち

不老不死の薬:

a0154448_22324311.jpg
a0154448_22324917.jpg
a0154448_22325740.jpg
収穫の家:
a0154448_22330286.jpg
a0154448_22330613.jpg
黎の家:
a0154448_22334253.jpg
a0154448_22334494.jpg
a0154448_22334739.jpg

以上で3日間の行程を終了。新潟県内の走行距離は400km、撮影枚数は1000枚を超えており、密度の高い夏休みでした。


[PR]
# by vortexes | 2018-11-17 22:34 | 写真 | Comments(0)


主に写真、Audio、RCグライダー製作メモのBLOGです。keyword = phujimiya


by vortexes

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

自己紹介

日常のなかで出会うものを、ちょっと違う視点で写真が撮れたらいいなあと思っています。
当BLOGはリンクフリーです。

カテゴリ

全体
写真
audio
HLG
HLG以外のRC
自転車
その他
未分類

検索

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31